どらみちゃん 特許権も、商標権も、出願の際に権利の範囲及び内容を明記・明示することが義務付けられています。 そのため、特に特許権においては、その出願書類における権利の範囲及び内容の解釈の仕方によって、発明が認められることもあり、発明が認められないこともあります。 出願は特許庁で審査検討されますが、多くの場合は審査で落とされます。それを不服として異議申し立ての意見書を申請することを何度か繰り返してようやく特許権が認められることは茶飯事です。 出願して数年たってようやく認められることもあります。 出願件数も多いため審査に時間がかかることは理解できますが、他国に比較して日本での特許審査にかかる時間は長いようです。 ...
顕微鏡特許権のほかに特許庁が取り扱っている知的財産権としては商標があります。商標は、発明とは異なり文字や図形、記号などが対象となるもので、そのデザインが保護の対象となります。またこれらの申請は誰でも行うことが出来ます。商標を一般で最もよく目にするのが、チェーン店の看板やコーポレートマーク、商品パッケージなどが挙げられます。これは会社や商品のイメージを大きく決めるものですので、知的財産としての近年は認知されています。 ...
ムーミン発明を行った場合に行われるのが特許申請です。特許は有用な発明に対して、その発明者が発明の公開することの代償として一定期間の発明を独占的に使用できる権利を国が付与するものです。この発明の特許権を得ることにより、他人がその発明を使用する場合には発明者からの許可やまた使用に対して特許料を支払うなどしなければならなくなります。この特許権は、特許申請時に物体である必要はなく、無物体であるため知的財産権のひとつとされています。特許申請の要件特許権といっても、すべての発明に対して特許権が与えられるものではありません。これは知的財産としての性格を持つため、特許を審査する特許庁の審査を受ける必要があるためです。法律では発明のことは「自然法則を利用した技術的思想の捜索のうち高度のもの」と定義されています。また産業上利用可能性や、新規性、進歩性、過去の発明と同一でないことなどが特許権を得るための最低条件となっています。またこれらを満たしていても、公序良俗に反するものは特許を得ることができません。 ...
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031